外資系企業と英語

外資系企業と英語

英語を勉強している方の中に「外資系企業に就職を希望している」という方は当然います。「外資系企業」と聞いてどんなイメージが湧きますか?平等で自由闊達な雰囲気、おしゃれで、個人に干渉しないから働きやすい・・・などいろいろあると思います。一口に外資系企業といっても様々な企業があります。

 

それこそ、英語を全く使わないという外資系企業も想像以上に多いです。では、具体的に外資系企業というのはどういうものなのでしょうか。まず、外資系企業とは、外国の資本が入っている企業のことです。まかに、次の2つのタイプに分けられます。

 

@ 外資100 %の企業:日本IBM、マイクロソフト、インテル、デュポンなど。メーカー系(コンピュータ、化学、医薬品など)
※日産自動車はM&Aを経て外資に買収され為、経営は外資。

 

@ 日本企業と外資系の合弁タイプ:外資比率が51%以上、50%ずつ折半、49%以下という3つに分かれますが、51%以上だとかなり経営戦略は外資主導といえます。また、外資比率が33%から40%ぐらいでも経営戦略などは外資主導というケースが多いといえます。
例:富士ゼロックス、日本マクドナルド(経営は日本主導で、日本市場に根づいた外資系企業)

 

 

また、日本市場に慣れ、パートナーを必要としなくなってきた合弁企業の日本ヒューレット・パッカードやバイエル薬品は、合併企業から外資へと100 %へ移行するなど、合併企業を 巡る環境は年々変わっています。

 

英語を話す頻度についてはどうでしょうか?外資100%の企業といえど、部署や仕事内容によって使用する頻度は大きく変わってきます。

 

ITや金融業界→絶対必要

 

流通・サービス業→まったく使わない企業もあり。
※例としてインテルの場合。社内文書はほぼ英語。日本人社員同士のメールも英語。会議も外国人がいれば英語、日本人のみの会議日本語だが議事録は英語。さらに技術者の場合、「開発ツールのローカライズなど、英語を使う機会は非常に多い」(広報室)という。以上のことを踏まえ、外資系企業をどう自分のキャリアに活かすのかを考え、納得のいく転職を目指しましょう!